読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯王のメモ

予定は未定

《遊戯王》ブラック・ガーデン 考察

今回はブラック・ガーデンについて考察していきたいと思います

 前回から期間が開いてしまいスミマセン

 基本的には蘇生できるモンスターを中心に考察していきたいと思います

 

まず《ブラック・ガーデン》を使うメリットとデメリットを書いていきます

メリット

  • フィールド魔法なのでサーチしやすい
  • 召喚.特殊召喚するだけで決まったモンスターが蘇生できる

デメリット

  • 相手フィールドが埋まっていると使えない
  • サイクロンなどで妨害されやすい
  • 裁定がめんどくさい

などがあります

とりあえず《ブラック・ガーデン》で出せる攻撃力800・1600と合わせながら見ていきたいと思います

 

墓地に送る効果 モンスター別に分けて書いておく

 《マスマティシャン》+

《クリエイト・リゾネーター》なら《ブラック・ガーデン》発動召喚《クリエイト・リゾネーター》(攻800)を墓地に送り蘇生《レッド・ライジング・ドラゴン》をS召喚し《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》に繋げられる もともと《クリエイト・リゾネーター》が落ちていればレベル3で足りる

 《D・スコープン》なら上と同じ流れで6or7のシンクロが可能.また《マスマティシャン》は魔法使いなので《アーカナイト・マジシャン》が出せたりできる

 

 《終末の騎士》+

《ホールディング・レッグス》は魔法罠を回避しつつR4に繋げることが可能

《召喚僧サモンプリースト》なら魔法が手札にあれば続けて展開できる

チューナーなら墓地効果もありトークンをだせる《BF−隠れ蓑のスチーム》がおすすめ

 

 《スクラップ・リサイクラー》+

機械族を落とすことができ前述の《D・スコープン》や光属性シンクロに使われた場合装備魔法をサーチできる《ヴァイロン・キューブ》など優秀なモンスターがいる

 また 超重武者が元々《ブラック・ガーデン》と相性がよく《超重武者テンB−N》(攻800)を蘇生しさらに展開できる 変わった使い方だが《ブラック・ガーデン》で攻撃力を下げることで攻撃力1000までのモンスターも《機械複製術》に対応することができる

 《スクラップ・リサイクラー》+《機械複製術》+《ブラック・ガーデン》なら《スクラップ・リサイクラー》を3体並べつつ機械族3体墓地に送るor1体墓地に送って1ドロー+攻800or攻1600モンスターが蘇生できる

 X召喚を挟むことで攻2400などのモンスターも蘇生できる

 

またトークンを送りつけ戦闘破壊する意味では《ホルスの黒炎竜 LV6》《ダイナミスト・プテラン》などが使え逆に攻1600以下のリクルーターならダメージを抑えてリクルートできる

 

 追記

《光帝クライス》

攻2400なので相手フィールドに3体空きがあればできる

《ブラック・ガーデン》発動→水モンスター通常召喚→《サイレント・アングラー》《ジゴバイト》特殊召喚《No.37 希望織竜スパイダー・シャーク》X召喚でトークンが三体並び蘇生できるそのまま《光帝クライス》で破壊しドローして効果を発動できさらに《激流蘇生》《エクシーズ・ダブル・バック》でさらにドロー加速や展開が可能 また2回目の《光帝クライス》の効果で《ジゴバイト》《Z−ONE》などを巻き込めば無駄が少ない

  通常召喚は《ブリキンギョ》で水属性モンスターを特殊召喚するだけでも良い

 

 

以上複雑なカードですがその分可能性を秘めていると思います

次回は適度にがんばります